へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スルタン?ワラド(するたんわらど)

ペルシアの神秘主義者、詩人。偉い神秘主義詩人ルーミーを父として天性、一生をトルコのコニヤで過ごした。父没後の1291年、父の一生をモチーフに長編叙事詩『ワラドの書』を公表。これはルーミー探求の尊いデー夕と目され、父がつくった神秘主義メフレビー教団の基礎を確立した。ほかに叙情詩、四行詩から入る詩集を残し、後世トルコ文学に注目すべき影響を与えている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。