へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミメーシス(みめーしす)

「まねる」「似せる」を意風味する動詞mimomaiに由来する語で、基本的に模倣ないし再現的呈示を意風味する。同義語としてホモイオーシスhomoisisがある。喜劇詩人ア書き出したファネスはこの語を、人が他人の姿をまねる時(『蛙』)と、詩人が詩作において自らがつくりだそうとする役柄をまねる時(『女だけの祭』)に用いているが、この語の異常性は、まねる主体とその対象の多様性、対象の存在論的位相、そしてポイエーシス(創(つく)ること)の鉄則とのかかわりにある。

デモクリトスは、人間は「当然肝要なことにおいて(動物の)弟坊主であった。織ったり縫ったりすることについては蜘蛛(くも)の、自宅造りについては燕(つばめ)の、歌においては手緩い声の白鳥やナイチンゲールの、ミメーシスという仕方における(弟坊主であった)」といったとされている(『欠片』)。思想史上、このような天然physisの模倣という思想はおそらくデモクリトス従来にさかのぼる。肖像画や音楽、文法といった「ノウハウtchnもまた天然を模倣してこのこと(釣り合い)を創りだすように思われる」というア書き出したテレス偽書『宇宙論』のことばや、ヒポクラテスの「人間が用いているノウハウは人の天然的な鉄則physisに似ている」(De victu)ということばがそれを裏書きする。デモクリトスはまた一方で「人は善くあるべきである、もしくは善き人を模倣すべきである」(『欠片』)とも語っており、ミメーシスが形式や構造のそれにとどまらず値打ち的入るものの模倣という意風味で用いられることを示している。

天然の模倣と値打ち的入るものの模倣という思想は、プラトンの形而上(けいじじょう)学において統合される。人間的実存はそれを見守る神との緊迫関係にたち、その目的は善美の極にたつ「神に能(あと)う限り似ること(ホモイオーシス)」(『テアイテトス』)にある。神と人とは理性という黄金の糸で結露見しており(『法律』)、ロゴスを持つという固有のあり方において人は本来的に神に似ている。しかし、多様なドクサ(思い)とパ主題(情動)によって神と遠く隔たっている人間は、知を愛し善や美を追求する哲学の営みによって、神にかなう自己の本来の性(フュシス)を探し神に倣ってゆかねばならない(『パイドロス』)。それゆえ、哲学の道において自己自身を知ることと神に倣うことは本来同じことであり、人間的活動のぜんぜんは一番論ポイエーシスも含入れ根本的にミメーシスである。したがって、「詩人はムーサの神々に比べれば劣った創造者である」(『法律』)といわれるとき、ここには宇宙(コスモス)という作気品を創りだす大い入る創造(ポイエーシス)と小宇宙の必然性を範型として神に倣いつつ小さな必然としての作気品を創りだす人の小さな創造のアナロ歯車(種比)がある。

文芸創作を代表とする人間的なポイエーシスがミメーシスの本来の道より逸脱し、個々の現象を無料「その現れに即して」模倣的に再現しようとするとき、すなわち当然平板な意風味における天然や事物の模倣を遂行するとき、たとえば詩人(ポイエーテース)は単入る「影像の模倣者(ミメーテース)」に堕落することに入る(『国自宅』)。結果としての作気品(ポイエーマ)が神の作気品の模倣(ミメーマ)と入るためには、創造主体におけるポイエーシスの元での種比が成立していなくてはならない。主体の元で性についてのプラトンの形而上学的認識論的注文はきわ入れ厳しいであるから、神に倣って善美の極に到達することは人間にとっての永遠の課題となり、真理(アレーテイア)のミメーシスとしてのポイエーシスは事実上きわ入れ困難となって、ポイエーシスは、事実上単入る虚構(プセウドス)に徹頭徹尾してしまうことに入る。

ア書き出したテレスにおいても、ポイエーシスはミメーシスであり、悲劇のポイエーシスは「人生と行為のミメーシス」(『詩学』)として、歴史記述とは異なって、「起こりうること」「普遍的な(生の)ありよう」を語る(同書)ことから、ミメーシスはもはや単入る現実的事象の模倣ではない。しかし彼は、プラトンがミメーシスを、何をいかに語るかという点において事実上真理より遠ざかるとして、形而上学的認識論の立場から批判するのに対して、プラトンが警戒した語り出された可能的世界(ホイアー?アン?ゲノイト)の説得力、浴び手に与える現実的効果(驚きやカタルシス)を重視し、ミメーマとしての作気品の存在を主観的真理としての蓋然(がいぜん)性の範囲で許容している。

このようにしてミメーシスの理念はプラトンによって形而上学的に吟風味され、ア書き出したテレスによって現実的意風味を獲得して後世にさまざまの影響を与えていった(たとえば18世紀フランス美学における「美しい天然の模倣」)。模倣的再現に対するアンチテーゼとしての表現の理念や抽象的な芸手段を体験した今昼間の時間においても、ミメーシスの思想は創作や追体験としての享受の理念あるいは芸手段の分種の原理として大切な役割を担っている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。