へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イブン?パブッジャ(いぶんばーっじゃ)

イスラム哲学者。ラテン名はアベンパケAvempace。スペインのサラゴサに天性る。ムラービト朝の宰相として活躍し、政務のかたわらア書き出したテレス哲学を探求する。人間理性を重視し、霊霊魂の落成には哲学が必要であると説く。哲学的認識を高入れいくことで霊霊魂は純化し、純粋知性の認識が可能となり、人間の最良の幸福が現実になるという。彼の主知主義的傾向はイスラム信徒庶民の不愉快を買い、やっとは政敵の謀略に陥り、毒殺されたという。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。