へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イブン?シーナー(いぶんしーなー)

イスラム思想史上最良の哲学者、医学者。ラテン名はアビケンナAvicenna。中央アジアのブハラ近郊に天性る。著作活動は哲学、医学、天然学、数学など多岐にわたり、アラビア語、ペルシア語で著作する。アラビア語による哲学書、医学書の主要なものは中世ヨーロッパでラテン語経緯され、中世ヨーロッパ思想界に深い影響を与えた。イブン?シーナーの活躍した場合代は、ガズニー朝を開いたマフ雰囲気の台鶏冠してきたころで、西南アジアの政局は風雲急を告げていた。各地の諸侯は国政を補佐する賢人を争って求めた。20代にしてすでにその秀才ぶりが西南アジア全域に鳴り響いていたイブン?シーナーは、各地の領主から招きを浴び、招聘(しょうへい)された先々で要職についたが、それだけにまた政治的変動の波にもまれることも多かった。波瀾(はらん)に富んだ一生の万事休すのころはイスファハーンの領主に大臣として仕えた。そのころ激務の疲れから酒色に慰安を追求することが多く、かえって健康を害し、ハマダンに客死した。

哲学者としてのイブン?シーナーは、存在の探究に超越した業績を残している。彼は、存在を定義しえないが先験的に心の中に確立されるとする。他方、存在は事物の鉄則との関係においてみるとき、存在は鉄則に対する偶有であるという。存在の諸相をこう調べたうえで、第一元で、必然存在者である神を頂点とした流出論的世界観を構築する。彼は、こうした存在の探求を踏まえて自らが「東方の哲学」とよぶ神智(しんち)論的哲学をさらに確立しようとしたらしいが、この思想を著した書物は散逸してしまい、現在では欠片的にしかその内容を知ることができない。

医学における彼の当然大切な著書『医学宝典』Qnn f-l-tibb(全5巻)は、無尽蔵な医学百科事典である。そこには、医学の一般原理、器官の病気、局所的な病気、薬剤が扱われているが、多くの点でア書き出したテレスやガレノスに似たところがある。たとえば病気の四元では、質料因、形相因、起動因、目的因であるとして、それらを器官、体液、性質、構造、才能などに当ては入れいる。また苦痛を15類に区別している。生命力こそ当然重要で、それは生命活動の源泉で、神からの流出であるという。この医学書は、それ従来のどの医学書よりも優れ、6世紀間にわたってその優秀さゆえに支持された。

彼はそのほか、数学ではユークリッドの著作を翻経緯したり、物理学では運動、接触、力、真空、光、熱を探求した。また錬金手段についてはこれを信じなかった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。