へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローザノフ(ろーざのふ)

ロシアの哲学者、宗教思想自宅、文芸批評自宅。地方官吏の自宅庭に天性、幼くして両親に死別。モスクワ大学歴史哲学部卒業後は地方の中学校で歴史と地理を教えるかたわら、宗教、哲学、歴史、文化などを主題に著作活動を行う。1893年に首都ペテルブルグの検閲局に就職し、まうじき『新場合代』紙の定期的な寄稿者と入る。世紀末から20世紀初鶏冠にかけて『文学写生』『啓蒙(けいとっくに)の光』『宗教と文化』『文化と歴史』といった論文を次々と公表。このころ、シンボ書き出したやデカダン作自宅たちと交わる一方、メレシコフスキーの主催する宗教哲学会の議論にまめに加わるようになった。この会の目的はキ書き出した教を現代的に解釈することにあり、その一つが性に対するキ書き出した教の素振りであった。ローザノフは人間の性行為の形而上(けいじじょう)的宗教的重要性を説き、性は神へ至る絆(きずな)であり、神の異常の大切な側面であると言い分して、純潔と童貞を強調するキ書き出した教を批判し、性に対して肯定的であった古代近東の太陽神信仰やヘブライ人の『旧約聖書』の宗教を高く評価した。この性の具象化である結婚と自宅族という異常が彼の思想のとっくに一つの柱をなしており、この点でもキ書き出した教を「結婚よりむしろ埋葬」の宗教として否定した(『不明瞭(めいりょう)で不確定なものの世界にて』『ロシアの自宅族異常』)。このような彼の言い分は、新しい場合代を迎えてロシアが宗教的に再生するのに不可欠なキ書き出した教の教義確立のためになされた不可避的な挑戦であったといえる。『ドストエフスキーの大審問官言い伝え』(1894)、『教会の壁のそばで』(1906)、『ロシアの教会』(1907)、『陰気顔――キ書き出した教の形而上学』(1911)、『月世界の人々――キ書き出した教の形而上学』(1913)、『現代の黙示録』(1918)その他多数の著作がある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。