へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルナン(るなん)

フランスの思想自宅、宗教史自宅、文献学者。2月28昼間の時間、ブルターニュ地方のトレギエに天性る。聖職を希望しサン?シュルピス神学校に進んだが、ヘーゲル、ヘルダーらのドイツ哲学の影響を浴び、セム語文献学と聖書原典の探求に熱中するうちに、教会の伝統的聖書解釈に疑念を抱くようになり、聖職を破棄して学問の道を選ぶ。のちの証明主義の代表的科学者ベルトロと友誼(ゆうぎ)を結び、科学の手立てと割合を信頼するに至り、1849年『科学の未来』(刊行は1890)を書く。さらにキ書き出した教の起源の探求を企て、キ書き出した教を、ユダヤ的環境界の産物、キ書き出した教発生従来の社会、感情、思想、信仰の産物として説明することを目ざし、代表作『キ書き出した教起源史』(1863~81)を落成する。その第一巻が『イエス伝』で、キ書き出したの神性を認めず、人間イエスの一生の証明的な探求を標榜(ひょうぼう)した。他の主要著作に『イスラエル民族史』(1887~93)がある。本職イセン?フランス戦争とパリ?コミューンを契機に、民主主義への不信から知的エリートによる社会統治を構想するに及ぶが、そうした保守化の傾向を代表する著作が『哲学的対話と欠片』(1876)。テーヌと普通んで証明主義の思想自宅として19世紀後半の思想?文学界に多大な影響を及ぼした。92年10月2昼間の時間没。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。