へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュラー(みゅらー)

ドイツ生まれのイギリスの言語学者、宗教学者。ライプツィヒ大学でサンスクリット語を学び、パリのビュルヌフのもとで『ベーダ』の探求を行う。イギリスに渡り、1850~76年の間オックスフォード大学で文学、言語学などを講じた。70年ロンドンの王立協会で行った講演のなかで、宗教学science of religionという表現を用い、全ての宗教を客観的、科学的に比較探求する不可欠を力説した。ここからミュラーは一般に近代宗教学の始祖とみなされる。彼の宗教学は、おもに神話など歴史上の宗教思想をデー夕とし、比較言語学の手立てを範として、宗教の起源と発達の系譜をたてることを目的とした。それは「一番限入るもの」が順次に物的対象、人的事象、そして心的自己を便秘気味て認知されるプロセスだという。彼はまた東洋諸宗教の聖典を同僚の協力を得て英経緯し、『東方聖典』Sacred Books of the East51巻を編集した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。