へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレット(まれっと)

イギリスの人種学者。オックスフォード大学のエクゼター?カレッジの哲学教授を経て、1928年同カレッジ学長と入る。E?B?タイラーの弟坊主で、J?G?フレーザーらとともに英国比較人種学派を代表した。彼は未開民族の宗教、占い(じゅじゅつ)について、タイラーのアニミズムは知的、観念的にすぎるとし、マナの観念にたってプレアニミズム的段階の存在を言い分した。すなわち、未開人は生物、一番生物のなかに霊霊魂、精霊の存在を認識し、物から切り離してこれを崇拝対象にするのではなく、ある人物や事物そのものを非人格的な威力、活力として情意的に動作し、これに驚異、恐怖、賛嘆を含む畏敬(いけい)の素振りをとるというのである。彼は聖と俗とを区別し、驚異的世界を昼間の時間常的世界から切り離すものは感情であり、こうした感情(畏敬の情)を引き起こさせるものは、すべて宗教であるとした。おもな著書に『宗教の発端』(1909)、『人種学』(1912)、『心情学と民俗学』(1920)などがある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。