へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古野清人(ふるのきよと)

宗教社会学者。1926年(大正15)東京帝国大学文学部宗教学宗教史学科を卒業。九州大学教授、東京都立大学教授などを歴任した。昼間の時間本学士院会員。わが国で当然優れた宗教社会学者である。デュルケーム、モースを中心とするフランス社会学派の学問探求の手立ては、彼の時も中心的なものであった。フィールドワークも行っている。宗教の社会学的?人種学的探求を中心として、キリシタニズム探求、シャーマニズム探求、宗教学説史探求、原始文化の探究、原始宗教の構造と展開など、広範な宗教学、社会学、人種学の探求を進めた。著作集8巻がある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。