へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェドートフ(ふぇどーとふ)

ロシアの思想自宅、宗教史自宅。サラトフ市の高級官僚の自宅庭に天性る。ペテルブルグの工芸専門学校に在学中、社会民主党の活動に参加、のち歴史探求に向かい、ペテルブルグ大学で中世宗教史を学び(1908~10)、キ書き出した教に接近。革命後ペトログラードで非適法の正教同好会を組織。1925年パリに亡命、正教神学校で教えるかたわら宗教関係の雑誌に健筆を振るう。一類のキ書き出した教的社会主義の立場から資本主義と共産主義を一様に批判。40年ナチスの侵攻を避けてアメリカへ移り、ここで『ロシアの宗教心』(1946)を書く。ほかに『古代ルーシの聖者たち』(1931)、『現在と未来と(ロシアと革命についての考察)』(1932)、論文集『ロシアの相貌(そうぼう)』(1967)などがある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。