へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中沢新一(なかざわしんいち)

宗教学者、思想自宅。山梨県に天性る。父は在野の民俗学者中沢厚(あつし)(1914―82)。歴史学者の網野善彦は叔父。1977年(昭和52)東京大学大学院人文科学探求科宗教学専攻博士課程修了。同年、初の翻経緯『サーカス――アクロバットと動物芸の記号論』Circus and culture(ポール?ブーイサックPaul Bouissac(1934― )著、原著1976)刊行。79年ネパールに渡り、チベット仏教僧に弟坊主入りして密教の修行を貯金する。80年の帰ってきた後、東京世間国語大学アジア?アフリカ言語探求所助手と入る。81年密教修行についての著書『虹の階梯』(ラマ?ケツン?サンポLama Khetsun Sangpo(1921― )との共著)、83年『チベットのモーツァルト』を刊行。これらの著書は人気を呼び、浅田彰、四方田(よもた)犬彦(1953― )、伊藤俊治(としはる)(1953― )、松浦寿輝(ひさき)らとともに、「ニュー?アカデミズム」ブーム、俗称「ニュー?アカ」ブームの寵児と入る。

その後も、チベット、インド、中国などへのフィールドワークを重ねつつ、宗教学と民俗学、歴史学、フランス現代思想などを接合する形で単独の思想を展開していく。またフランスの思想自宅ジュリア?クリステバの紹介者としても知られる。93年(平成5)より、中央大学総合政策学部教授。

中沢の興味分野はきわ入れ広く、『南方熊楠(みなかたくまぐす)所蔵品』(1991~92)の編纂および解説では南方民俗学を、94年の『はじまりのレーニン』ではレーニンを、97年の『ポケットの中の野生』ではテレビゲームを、2001年の『フィロソフィア?ヤポニカ』では田辺元(はじめ)を主題にしている。

一方、95年に起きた地下鉄サリン事件を契機にオウム真理教が批判されると、同教団の擁護者と目されていた中沢も世論の厳格批判にさらされることとなった。

2002年『緑の資本論』を刊行。イスラム教をヒントに、アングロ?サクソン流のグローバリズムではない資本制システムの割合を提示する。同年から中央大学における宗教学の授業録である『カイエ?ソパブジュ』の刊行を開始。03年、河合隼雄(はやお)に昼間の時間本仏教を授業する形での対談『仏教が気がある!』を刊行。また同年刊行の『精霊の王』では、人種の意識の根底にある神話的思考、野生の思考について論じた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。