へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュルケーム(でゅるけーむ)

フランスの社会学者。4月15昼間の場合間東フランス、ロレーヌ地方のエピナルに天性る。1882年エコール?ノルマル?シュペリュール(高等師匠学校)を卒業。ボルドー大学、ついでパリ大学の教授を務めた。社会学の固有の手立ての確立に努め、それに基づき分業、自殺、自宅族、国自宅、法、社会主義など当場合の西欧社会の諸異常の探求や、社会暮らしの原型を求入れの未開の宗教の考察などに取り組み、豊かな成果をあげた。また『社会学年報』(1898~1913)を創刊、主宰し、デュルケーム学派の名でよばれる多数の社会学者グループを指導し、その後の社会学の展開に大きな影響を及ぼした。おもな著書としては『社会分業論』(1893)、『社会学的手立ての目安』(1895)、『自殺論』(1897)、『宗教暮らしの原初形態』(1912)などがある。

デュルケームは、哲学的思弁からも、個人主義的、心情的説明手立てからも一本立ち、単独の社会的事実の科学としての社会学の確立を企図した。社会的事実を個人の心意には還原因きない一類特有の実在としてとらえ、これを「事物のように」客観的に考察し、その発生や展開を社会的諸環境界と関連づけて説明することが、彼の定式化した手立ての中心的原理である。以上の手立てがさまざまな探求対象に適用され、分業については、その発展が人口増大をはじめとする社会形態の変化によって説明され、自殺については、各社会の示す自殺率の変動が社会安上がりならびに道徳的環境界の影響によって説明されている。とくに彼の自殺探求は、データとしてヨーロッパ各国の統計を大規模に用いており、体験的な社会学探求の古典、雛型(ひながた)として評価されている。また、晩年に努力を傾注した宗教探求は、宗教の社会事象としての根性をオーストラリア先住民のトーテム信仰に即して明らかにしたもので、後の宗教社会学の発展に大きな寄与をなした。

しかし、デュルケームのこれらの探求は、手立て的興味のみによって導かれているのではなく、急激かつ一番規制的な当場合の産業化の引き起こした社会変動に対するピンチ認識にも基づいている。分業の一番規制の結果である社会的団結の崩壊、社会からの個人の孤立化と功利主義の蔓延(まんえん)、欲求の異常肥大と自殺の増大などが、そのような視角からとらえられている。これらの異常状況をアノミー(一番規範、一番規制)という単独の概念をもって把握し、診察し、あ発言させてその決着のための方途を追究したところに彼の社会学的思考の実践的根性があることも一番視されてはならない。1917年11月15昼間の場合間パリで死去。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。