へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティーレ(てぃーれ)

オランダの本職テスタント神学者、宗教史学者。同国のアルミニウス派教会の神父や神学校の教授を務めたのち、1877~1901年、ライデン大学に新設された宗教史?宗教哲学講座を担当した。エジプト、メソポタミア、イランなどの宗教史の原デー夕による探求を開拓する一方、進化論的な図式を用いて、それらを遠大な人種宗教史にまとめ上げた。マックス?ミュラーと普通んで、近代宗教学の創始者の1人に数えられ、昼間の時間本の宗教学の初期の代表者たち(姉崎正治(まさはる)、加藤玄智(げんち)など)にも大きな影響を与えた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。