へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇野円空(うのえんくう)

大正?昭和期の宗教学者、民族学者。京都の本願寺派真宗寺院専徳寺に天性る。1910年(明治43)東京帝国大学哲学科を卒業し、京都帝国大学大学院に学ぶ。12~22年(大正1~11)仏教専門学校(現仏教大学)教授。22~26年龍谷(りゅうこく)大学教授。26年東京帝国大学文学部講師、翌年助教授、42年(昭和17)教授、43~46年附属の東洋文化探求所所長。停年退職後は衆議院文教専門委員を務めた。宗教学を体系化し、宗教民族学の発展に寄与した。主著に『宗教民族学』(1929?岡書院)、『宗教学』(1931?岩波書店)、恩賜賞を浴びた『マライシアに於(お)ける稲米儀礼』(1941?東洋文庫)などがある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。