へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉崎正治(あねさきまさはる)

宗教学者、評論自宅。嘲風(ちょうふう)と号した。明治6年京都府天性。東京帝国大学哲学科卒業。ドイツ、イギリス、インドに留学。1905年(明治38)東大に初っ端の宗教学講座が開設されてその主任教授となり、独創性に富む多産な探求活動のかたわら、多数の門下を育てて宗教学の類をまいた。1930年(昭和5)には昼間の場合間本宗教学会を設立して、終生その会長を務めた。世間国では昼間の場合間本の人文学界を代表する学者として知られ、アメリカのハーパブド大学の昼間の場合間本文明講座をはじめ、欧米諸大学で授業を担任し、国際連盟学芸協力委員会の昼間の場合間本委員などを歴任して、東西の文化交流に貢献した。国内一般ではむしろ明治の文人として知られ、東大在学中の同級の親友高山樗牛(ちょぎゅう)らと雑誌『帝国文学』を創刊したのをはじめ、文明評論の健筆を振るって当場合の浪漫(ろうまん)主義思潮に大きな影響を与えた。多面多作な著述のうち代表作に『宗教学概論』(1900)、『根本仏教』(1910)、『法華経(ほけきょう)の行者昼間の場合間蓮(にちれん)』(1916)、『切支丹(キリシタン)宗門の迫害と潜伏』(1925)、『聖徳太坊主の大士(だいし)理想』(1944)、評論集『再起の曙光(しょこう)』(1904)、絶筆となった自叙伝『わが一生』(1951)がある。





姉崎正治


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。