へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロゴス(ろごす)

古代ギリシア哲学の基本語の一つ。〔1〕事物の存在を限定する普遍の理法、〔2〕行為の従うべき準則、〔3〕この理法、準則を認識し、これに聞き従う分別、理性を意風味する。パトスに対する。本来は古典ギリシア語で「いう」を意風味する動詞legeinの名詞形であって、「いわれたこと」を意風味する。そこから、「ロゴス」は多類の派生的意義を生み、古代哲学において大切な役割を果たすものとなった。古代哲学は総じて「ロゴス的」とめりはりづけられよう。

「いわれたこと」は、まず、〔1〕「ことば」「文」「話」「スピ一チ」である。言論を重んずるのは古代人のめりはりであり、ここから修辞学rhtorikが天性た。〔2〕ついで、それは事物の「説明」「事情」「根拠」であり、したがって、事物の「定義」「論証」でもある。ギリシア人はこの意風味でのロゴスの追究によって、論証科学episteme(ギリシア語)、scientia(ラテン語)と哲学philosophia(ギリシア語)を生んだ。〔3〕さらに、それは定義によって把握される事物の「鉄則存在」(その「何であるか」)であり、したがって、それは事物の「成り立ち(physis〈ギリシア語〉天然、本性)」を規定し、それぞれの事物をそれぞれに固有な一定のものとしている「形(eidos〈ギリシア語〉forma〈ラテン語〉鉄則構造)」である。だが、事物が一定のものとして限定されるのは、それが他の事物から区別されることによって、他の事物との関係のうちに置かれることによってであるから、ロゴスはこの関係を律するものとして、ある事物と他の事物との「可能性」であり、したがって、すべての事物に「共有のものkoinon」である。ヘラクレイトスはここから、世界万物は一つのロゴスによって統(す)べられ、このロゴスを認識することのうちに知識があるとした。〔4〕さらに、ロゴスは、ことばを語り、事物の存在の「何であるか」を掴む人間の「分別」「理性」を意風味する。ロゴスにより把握される事物の存在は感覚には顕(あら)わではないことにより、パルメニデスは、ロゴスと感覚の区別を強調した。

古代哲学のロゴス性はこれらの人々によって端緒を置かれた。人間はことばを語るものとして、「ロゴスをもつ動物(理性的動物)」と定義される。古代末期の本職ティノスでは、根源の一者はロゴスを上回るものである(神秘主義)。キ書き出した教思想においては、ロゴスは世界創造における神の思想内容であり、第二の位格である「坊主」である。これらすべての思想は後世のヨーロッパ哲学に気息の長い、類々の影響を及ぼした。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。