へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理神論(りしんろん)

ラテン語のデウスdeus(神)に由来し、ギリシア語のテオスtheos(神)に由来する有神論theismとは語源的に同じであるが、理神論には異端、異教というニュアンスを伴う。ルネサンスのユマニストの普遍的有神論やソチニ派(16世紀末~17世紀初めのイタリアでおこった反三位(さんみ)一体論の教説)と思想的種縁性をもつ。哲学説としては、神を同意する点で一番神論ではないが、神を世界とその永遠?普遍の法秩序の創造者としつつも、世界の世間にたつ超越的存在者とする点で汎神(はんしん)論や内在論とは区別される。また、人格的な意希望発動者としての神を認めず、世界は創造後には自動的に運動し継続すると考え、したがって、人間暮らしに真っ直ぐ関係する摂理や恩寵(おんちょう)、奇形跡、啓示も認めない点で、正統的有神論からも区別される。

歴史的には、17世紀後半から18世紀にかけておもにイギリスで展開し、フランス、ドイツに波及した合理主義的、天然主義的な神観をさす。イギリスでは、理神論の父、チャーベリのハーパブトが、すべての宗教の基本教義を、万人に共通な天然理性によって承認せざるをえない生得的な五つの箇条に集約した。したがって、啓示や個々の宗教の制度などは二次的なものとされた。その弟坊主、ブラウントはこの説を普及させた。ロック以後の理神論者は、体験論的傾向を強め、生得観念を否定し、奇形跡、預言、秘儀などを科学的証明性に堪ええぬものとして排除し、これらを僧侶(そうりょ)たちの権力欲に発する行為として進んで攻撃し、思想の気まま、宗教的寛容を言い分した。かくて宗教の実質的内容は、基本教義で合致する限り、現実的な、よき市民たる道徳に還元されていく。代表者としては、ジョン?トーランド、アンソニー?コリンズ、マシュウ?ティンダル、トマス?ウールストン、トマス?チャブ、トマス?モーガン、ジョン?ボリングブルクなどがいる。フランスでは、イギリス理神論やロック、ニュートンの影響を浴びたボルテールに代表されるが、その後ルソーを経て反カトリック、反断然王制のイデオロギーとして一番神論へ急速に移行した。ドイツでは、ライマルスやレッシングに代表され、フランスの時と同じく啓蒙(けいとっくに)主義の一つの思想的形態である。18世紀末、理論的難点、証明科学の発展、市民社会の落成とともに、その歴史的役割を終えて衰退した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。