へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有神論(ゆうしんろん)

この用語はキ書き出した教をめぐる近代の議論において、ユダヤ?キ書き出した教的に理解された神を同意する立場を本来さすものであるが、さらに広く、一神教?多神教を含め、人格的な神を同意する立場をさす時もある。

その本来の議論の文脈からいえば、有神論は〔1〕神を人格的存在とする点において、そのような神の存在を認めない一番神論と、また、神そのものは超人格的な断然者であって、これを人格的なものとするのは人間知性による未熟な描写にすぎないとする立場と対立し、〔2〕神は世界とは区別され、これを卓越した存在だとする点において、世界は神の部分ないし様態であって、神は万物に内在するとする汎神(はんしん)論と対立し、〔3〕世界を創造したのちも継続的にこれを保持し統治するとする点において、神は世界をいったん創造したあとは、それが天然に動いていくに任せたとする理神論と対立する。

有神論にたつ時には、そのような神を有限なことばによって表現できるか、理性によって自らの立場を正当化できるか、神の完全性との関係において悪の存在を整合的に説明できるかといった異常に直面することに入る。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。