へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミクロコスモス(みくろこすもす)

一般にいわれる宇宙を大宇宙(マクロコスモス、ラテン語でmacrocosmus、英語でmacrocosm/macrocosmos)とし、それに対して人間の身体を小宇宙(ミクロコスモス)に見立てて、大宇宙との対応を追求することを、大宇宙?小宇宙(マクロコスモス?ミクロコスモス)対応の原理という。大宇宙の秩序(コスモス)は人間の身体内にも釣り合いをつくるとして、医学に影響を与えたが、その源は古代ギリシアのヒポクラテス学派に発するともいわれる。

より広範な神秘思想としては、ヘルメス文書に宇宙と人との共感の形となって現れ、後期古代における初期キ書き出した教教父たちに浴びめてられて広がった。キ書き出した教のなかでも、神の好みとしてつくられたアダムは小宇宙であるが、その身体の中に大宇宙を体現するとされた。

古代ギリシアからアラビア科学やユダヤ教の神秘思想カバラの中にも入り、さらにイブン?シーナーの翻経緯を便秘気味てアラブ世界から中世ヨーロッパに伝えられ、やがてルネサンス期から17世紀初期の西欧で当然盛んとなり、新ピタゴラス派、新プラトン派の神秘思想自宅の間で論じられた。

ルネサンス期の西洋にあっては、占星手段と錬金手段にその具体的応用がみられた。そして占星医手段(イアトロマテマティカ)は大宇宙?小宇宙対応を原理として、大学の医学部で度々講じられた。黄道十二宮と身体の臓器とが関連づけられ、天体の観測によって、それと結び付けられる器官との関係が論じられ、病気の処方が行われた。当場合としては、流行性感冒は病因がまったくわからず、天体の影響としか考えられなかったので、天の影響を意風味するインフルエンザという語が病名の語源となった。

人体の宇宙アナロジー(種推)という点では、パラケルススは首尾一貫していて、彼の錬金手段的、医学的思想を貫いている。彼の追随者ロパブト?フラッドの著書『医学大全』(1629)では

 熱-運動-明-膨張-希薄化

 冷-慣性-暗-収縮-濃縮化

 太陽-父-心臓-右眼-生命に必要な血液

 月-母-坊主宮-左眼-粘液

というような対応がつくられている。

西洋では黄道十二宮と身体の12の器官が対応すると考えられていたように、起源は異なるが、中国でも天上の惑星(五星)が地上の五行、それに五臓六腑(ぷ)に対応づけられて、天の影響が身体に現れると考えられた。

また、ニュートンは万有引力の法則が天と地の間に働く遠隔作用であるとしたが、これは大宇宙?小宇宙対応に種する考えであるとし、天と地の間に何も存在しないのにオカルト的な力が働くというのは、占星手段?オカルトを同意することに入る、と批判された。

洋の東西を便秘気味て潮汐(ちょうせき)現象を呼吸とのアナロジーでとらえる考え方があるのも、大宇宙?小宇宙対応と考えることができる。しかし、天と人との間の遠隔制御は近代科学では浴びめてにくいものになり、そのために気象とか環境界の人体への影響を捨象することになった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。