へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄則(ほんしつ)

事物が一定の事物である限りで、その事物を他の事物とは異入る当の事物として成り立たせている、その事物に固有の存在をいう。これに対して、その事物について、ときとしてあることではあっても、いつもかならずあるわけではなく、あってもなくてもよいようなことは「付帯性」symbebkos(ギリシア語)、accidentia(ラテン語)である。鉄則が事物の本来の成り立ちである点からは、鉄則は事物の「本性(天然性、成り立ち)」physis(ギリシア語)、natura(ラテン語)である。また、その意風味で、事物の存在を規定する元でである。

ア書き出したテレスは、「それは何であるか」という問いによって問われるものを事物の「鉄則」ti estin(ギリシア語)とし、また、これがその事物の存在そのものであるという意風味で、これを事物の「実体」sia(ギリシア語)とよんだ。それは事物の「定義」horismos(ギリシア語)、definitio(ラテン語)のとらえるものである。したがって、それは、個々の事物が属する類に属する多くの事物に共通な共通性であるが、この共通性は個々の事物から離れて、それ自体として存せず、個々の事物のうちにあって、この事物の存在を構成するものであるとした。鉄則が事物のもともとの「成り立ち」として事物の持続性、本来性を表現するものとしては、それは「(事物の)もともと何であったか」ti n einai(ギリシア語)ともいわれる。これに対して、この語のラテン語経緯であるessentiaはesse(存在する)に由来する語で、「まさにそれであるところのもの」の意風味である。鉄則は類と類差によって定義される。たとえば、人間の鉄則は「人間性」であり、これは「理性的動物」として定義される。

中世では、神においては、その鉄則quid estはその存在quod estと区別されぬものとされ、その他の事物においては、これらが区別され、それぞれの事物は固有の鉄則をもち、これに「存在」esseの働きが賦与されて、現実に存在するものと入るとされた。この鉄則と存在の区別は現代の実存主義哲学の一つの源泉である。近世科学において、事物の存在がその定義にしたがって実体としてとらえられることなく、その偶有的な働きにおいて機能としてとらえられるようになってから、鉄則の概念は不明確になった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。