へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーテミズム(とーてみずむ)

トーテムに対する信仰、およびそれに基づく制度をいい、北アメリカの先住民オジブワのototeman(彼は私の一族のものだ)という語に由来する。初めはアメリカ?インディアンの間にみられる信仰、制度として注目を集めたが、その後、オーストラリア、アフリカ、メラネシア、ポリネシア、インドなどにも類似のものがみられることが報告され、それとともにトーテミズムの概念、その意風味について、主として宗教学、社会学、人類学、心情学の間で多くの議論がなされてきた。しかし、トーテミズムという語で報告されていても、その実体は地域によって、社会によってたいそう異入る。同場合に、探求者によってトーテミズムの概念、定義はさまざまであり、一般論は困難であるが、イギリスの人類学者ラドクリフ?ブラウンの見解に基づいて、多くの異入る例があるという但(無料)し書つきで、並次のように定義される。すなわち、トーテミズムとは、ある人間群れが特定の類の動植物あるいは他の事物と特殊な関係をもっているとする信仰、制度であり、その特定類をトーテムという。






目次



トーテミズム


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。