へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デノミネーション(でのみねーしょん)

宗教組織の一形態を示す学手段的用語。通文化的あるいは常識的には、その組織や教学のめりはり?形態を問わず、成熟しかつ安定した宗教群れ(教団や会派)を、広くデノミネーションとよんでいる。狭義的には、すなわち宗教社会学や教会史においては、より厳しく、当の社会に国教会や公認教会のあるなしにかかわらず、実質的に信仰の気ままと政教分離が守られている先進諸社会において、組織上、教学上、一本立ち特質を維持し、平等に伝道や布教において競合する、多様な宗教群れ個々を示す用語である。

学問的語源としては、ニーパブH. R. Niebuhrのキ書き出した教会の分種があげられるが、大小を問わずそのめりはりを維持して教徒獲得に競合するアメリカ型の教会を、彼はデノミネーションとよんだ。国教会や公認教会のような特権的教会(チャーチ)と、反抗的な非主流の教会や分派(セクト)が対抗していた近世ヨーロッパに比べると、当初から各国の移民が持ち込んだ多様な宗派が平等に普通立したアメリカでは、早くから信仰の気まま、政教分離が憲法において認められており、それぞれにヨーロッパにあった当場合のチャーチ的、セクト的な根性を教義や礼拝様式のなかに残しつつも、互いに寛容な成熟した教会として民主的に共存した各教派を彼はデノミネーションと定義したのである。組織論上は、市民が自発的に参加または離脱できる目的的群れということになっている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。