へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天(てん)

中国思想を貫く大切な概念。天という文字はもと人間の鶏冠部を示し、それが天空を意風味するようになった。西周場合代には、天は、天上の最良神として崇敬され、上帝ともよ露見して、地上の現象を支配すると考えられた。この信仰は、殷(いん)代の帝(てい)の信仰を原型とするとも、北方遊牧民族に起源をもつともいわれる。とくに、天が王朝に命(めい)を与えるとされ、周王が天意の代行者とされたことは、周の封建制を宗教的に拠り所る役割を果たした。君主を天坊主といい、天の祭りを天坊主の特権とするのはこのことによる。春秋場合代ごろには、最良神としての天の信仰は動揺し始める。春秋?戦国場合代の思想自宅たちの天に対する見方には、孔坊主(こうし)?孟坊主(とっくにし)のようにこれを宇宙の理法に近いものと解し、道徳の根源をそこに追求する立場、荘坊主(そうし)のように万物のなかに働く不可知な力とみる立場、墨自宅の一部の、意希望をもつ人格神とする立場、荀坊主(じゅんし)の、純粋な天然現象と考える立場などがある。前漢に至り、中央集権国自宅の確立のもとで、儒教が正統思想の地位を占めるが、当場合の儒教では、董仲舒(とうちゅうじょ)らにより、天坊主を中軸とした天容貌関を設定して君主に超人間的権威を付与することが試みられた。漢以来、王充(おうじゅう)、柳宗元(りゅうそうげん)、劉禹錫(りゅううしゃく)、王安石(おうあんせき)ら、天を単入る天然とみる思想自宅もあり、また朱熹(しゅき)(朱坊主)は天とは理だとするなど、天は多義的に解釈されたが、天を普遍的?超越的存在とし、天命を浴びた君主を天坊主とよび、それが天下を支配するという考え方は、旧中国の歴史を基本的に貫案内しており、これが中国人の精神暮らしを強く規定した。






目次




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。