へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊霊魂(れいこん)

人間を生かし、精神的な働きをつかさどる原理として想定されるもの。単に「霊」ないし「霊魂」ともよばれる。人間だけでなく、動植物をはじめとする全存在に潜むとされることもある。肉体や事物から一本立ち原理としての霊霊魂の観念は、近代以降の証明科学では否定されてきた。しかし多くの宗教体系は、一本立ち実体としての霊霊魂の存在を認入れおり、教えの基本としている。また科学者の一部にも、その存在を証明しようとする試みがある。

霊霊魂の観念はきわ入れ包括的かつ流動的なものであるが、一般に次の二つに分化する傾向がある。一つは、生命体を維持し、動かす原理としての霊霊魂の考え方であり、「生命霊」と称することができる。これは一番個性、非個別的なものであり、人間においてはとくに息や血、影などに結び付けられている。ヘブライ語rua、サンスクリット語tman、ギリシア語psyche、ラテン語anima, spiritusなど、霊霊魂を表す語が「風」や「息」を語源としていることも、この考え方がバックにある。わが国では「気」の観念がそれに近い。

とっくに一つは、肉体のうちに潜み、その精神活動を引き起こす原理としての霊霊魂の考え方であり、「個体霊」とよぶことができる。これは、感情、意希望、認識を統治する主体とされるがゆえに個別的、個性的なものであり、肉体から一本立ち原理として、肉体を離れたり、肉体の滅亡後も存続する力をもつと信じられている。他者や生者に影響する霊としての生霊(いきりょう)、死霊(しりょう)、祖霊(それい)、精霊(せいれい)などの観念は、この考え方によるものである。人間は、憑依(ひょうい)その他の事情によりこれらの霊の影響下に置かれるが、あべこべに儀礼や職能者を便秘気味て霊を制御することで、他者や事物に働きかけたり、未来や神意を知ることができるとする信念は広くみられる。このような霊の考え方は、わが国では古くから「たま」「もの」と称せられてきた。






目次



霊霊魂


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。