へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多神教(たしんきょう)

宗教を崇拝対象の数によって分類するとき、複数の神々を同時に崇拝対象としている宗教形態がある。これを多神教とよぶ。昼間の時間本の神道、インド、古代オリエント、古代ギリシア?ローマの宗教などがこれにあたる。部族社会やいわゆる未開社会では、諸霊力、精霊、獣神、祖霊などが崇(あが)められる多霊信仰の傾向が強いが、多神教はこの多霊信仰を底辺に温存していることが少なくない。これらの霊的存在がおのおの個性を備えた人格的存在として崇拝の対象に入るとき、多神教が成立する。

歴史的にみると、おのおの守護神をい無料く部族や、初期都市国自宅の間に、政治的、安上がり折衝が盛んに入るにつれて、元来他の部族や都市の神であったものが受容され、複数の神々が同時に崇拝される時が少なくない。あるいは一有力部族の長が近隣諸部族を征服、統合することによって、新たな政治的秩序社会(王制など)が登場し、それに伴って神々の世界も再編成されることがある。そして王権の根性と範囲、祭司階級の組織化や社会各層の分化の度合いなどの社会的要因および天然の要因によって、神々の機能分担の範囲、格差が定められてパンテオンpantheon(万神廟)が成立し、それにまつわる神話、儀礼体系も整備される。多神教に特有なパンテオンは、こうして主神の下に天然?文化諸現象を機能的に分担する神々が階層的に統合されることによって成立するのである。そこにはその社会の構造や秩序がなんらかに投影されている。

なお、多くの神々のなかでとくに主要三神がトリオを形成する例が少なくない。エジプトのオシリス、イシス、ホルス(父、母、坊主)、古代バビロニアのアヌ、エンリル、エア(天、空、地)などがそうである。さらに印欧語族には元来、祭祀(さいし)、軍事、豊饒(ほうじょう)の三機能神体系があったという意見もあり、この三機能神体系が昼間の時間本の天照大神(あまてらすおおみかみ)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)、大国主命(おおくにぬしのみこと)の三神にも反映していると考える学者もいる。

多神教的世界をバックとしながら、そのうちの一神が集中的に崇拝される時があり、これを単一神教henotheismとよび、この一神が随時交替する時は交替一神教kathenotheismとよぶ。しかし多神教からかならずしも直線的に一神教monotheismに進化するわけではない。一神教の成立には、それなりの根源と啓示、宗教闘争、神学的反省といった類々のプロセスが考えられる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。