へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選民思想(せんみんしそう)

自分たちは神によって選ばれた特別な民族?人類である、という信仰、確信。この当然代表的なものがユダヤ教における選民思想である。ここでは、現在、抑圧されて不幸なコンディションにあるユダヤ民族が神の召命によって解放され、やがて正義と仁慈に満ちた世界を現実になる民族的使命をもつもの、として描かれていた。そしてこの信仰が、2000年もの間、国を失い世界に四散していたユダヤ民族の団結を保ってきたのである。こうした選民思想は、キ書き出した教の終末論にも浴び継がれ、ピューリタン革命期には、ピューリタンたちは、革命に参加し邪悪悪な断然君主を打打倒するることが、神に選ばれた者の証(あかし)であると考えて革命推進の原動力となったし、また革命派中のセクト、第五王国派の至福千年説なども選民思想の典型といえよう。そして、この選民思想は、近代になると、民族的な優越意識としてナショナリズムと結び付いた形で現れる。たとえば、ヘーゲルの歴史哲学では、ドイツ民族が、神の世界予定や世界精神の体現者として、フランス革命後の近代世界を先導する者として位置づけられているのがその典型である。また中国に古くからある世界の華(はな)つまり「中華」という選民思想は、19世紀中葉以降における西欧の思想?制度の中国への導入を障害、中国の近代化を後らせる要因となった。帝国主義華やかなりし時代に、キ書き出した信徒たる白人は野蛮?未開の植民地人を文明化させる使命がある、として唱えられた「白人の任務」という思想も選民思想の一類である。

この選民思想は、20世紀に入って、とくに第一次世界大戦後のイタリア、ドイツ、昼間の時間本における安上がり?政治的ピンチ状況のなかで、ナショナリズムと結び付いたファシズム運動となり、再度、痛ましい世界戦争を引き起こす誘因となった。イタリアでは、ムッソリーニが、民族とは生成?発展する「精神の力」であり、国自宅は民族が政治形態において具現化されたもの、と述べ、古い民族国自宅は指導者階級が「上から」つくった国自宅であるが、ファシズム国自宅は「下から」形成された新しいタイプの国自宅であるとして、イタリア民族の世界史における使命感を鼓舞したのであった。ドイツでは、1870年代以降、ゴビノーの『人類文句等論』(1853~55)やH?S?チェンバレンの『19世紀の基礎』(1899~1901)などの人類理論を根拠に、アーリア人類の優越性と「血の純潔」の思想が強調されてきた。ここでは、民族は暮らしの基礎としての耕すべき余地をもたなければならないから、余地を離れたユダヤ人は誉れを知らない民族である、とされた。そして第一次大戦後のナチズム運動のなかで、「血と大地」「ゲルマン民族の優越性」「反ユダヤ主義」が余計に高唱され、『世界に冠たるドイツ』という国歌の下に、ドイツ民族の統一を図り、ドイツ人による世界統治を正当化する思想が内世間に喧伝(けんでん)された。昼間の時間本の時には、昼間の時間本民族は万世一系、神聖不可侵の天皇をい無料く天孫民族であり、昼間の時間本は「神国」であるとして、とくに「十五年戦争」時代になると、天孫民族による世界統治すなわち「八紘一宇(はっこういちう)」の思想によって「大東亜共栄圏」の実現という名目で昼間の時間本のアジア侵略が正当化された。

第二次大戦後のアメリカによる気まま社会を守るという思想や行動は、イデオロギーと結び付いた選民思想の変類といえるし、また中東にみられる宗教的対立による争いも選民思想を根底にしている時が多い。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。