へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝道(でんどう)

宗教の教えを広め、信仰の「道を伝言する」こと。英語の「ミッション」はラテン語のmittoからくることばで、「派遣する」の意風味。あ発言させて、伝道者は「道を伝言するために神から派遣された者」という含みがある。それに対して英語の「エバンジェリズム」はギリシア語のeuangelzesthaiに由来し、「福音(ふくいん)の伝達」の意風味で、キ書き出した教の宣教あるいは布教をさす。「道」とは、俗の世界のなかに存在する人間が正しく生きるために、またその存在の究極的意風味をつかむために不可欠とされている生き方をいう。だから、広義の伝道は、人々が俗世の中で本来的な生き方ができるように神から派遣されて働くことであり、狭義のそれは、信仰の教えを宣(の)べ話して、より多くの信者を獲得し、制度的拡張を図ることである。

伝道手立てはさまざまだが、大きく分ければ、信仰共同体になることによって生きることを目的とする真っ直ぐの手立てと、救いを追求する人々への奉仕に限定する間接の手立てとがある。前者では教えを説くことが中心で、人々を改心?改宗させた結果、宗教集団の統計的、地理的拡張がみられる。後者では人間の苦しみ、注文に応じることが中心で、かならずしも制度的拡張にはつながらない。実際上、伝道の大部分は「人のため、世のため」に奉仕することであるが、歴史デー夕として手になるのは、制度的拡張を意風味する方面の伝道デー夕が多い。世の中部に伝道しない宗教も多くある。未開社会のいわゆる原始宗教のほかにも、仏教を生んだヒンドゥー教、キ書き出した教やイスラム教を生じたユダヤ教、昼間の時間本の神道(しんとう)などの民族宗教がそれである。仏教、キ書き出した教、イスラム教などのいわゆる世界宗教は活発な伝道活動を行う。おもな伝道施設として、仏教では三宝(さんぼう)の一つである僧尼集団sam.gha、キ書き出した教ではカトリックの修道会religious ordersおよび本職テスタントの伝道部mission boards、イスラム教ではスーフィー派の兄弟団Sfi brotherhoodsがあげられる。






目次



伝道


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。