へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注意(せっきょう)

宗教を構成する基本的要素として思想、儀礼、教団などがあげられるが、注意はその宗教思想を口鶏冠で伝達するたいせつな術として、多くの歴史宗教や世界宗教で、聖職者や教団人の当然重要視するところとなっている。

とくに、宗教儀礼が信者の感覚的、趣的側面を満足させる働きを担っているのに対して、注意は、信者に対しその宗教のもつ思想内容を伝達することで知的な側面を充足させる、という役割をやっぱりいるといえる。注意と対等の役割をもつものとして、文書による伝達があるが、口鶏冠による注意はより真っ直ぐ的に信者に告訴することができるという意風味で、宗教伝道には必要の術となっている。仏教においては、説経、説法、説戒、談義、法談、勧化、法座、等々とよ露見してきた。昼間の時間本仏教における注意は文献上では、598年(推古天皇6)の聖徳太坊主の勝鬘経(しょうまんぎょう)についての講経に始まるという。その後、中世に入ると、単に教説を説いたり経典の内容を説明するという注意、いわば法話とは別に、音楽性や芸能性を帯びた注意が出現してきた。安居院(あんごいん)流、三井寺(みいでら)流とよばれ、その後の昼間の時間本伝統芸能の基礎ともなったとされている。

キ書き出した教においては、ユダヤ教の伝統を引き継ぎ、すでにその発祥当初から注意は、聖餐(せいさん)とともに大切なものとなっていた。とくに宗教改革をもたらした本職テスタントは、世間面的、形式的な儀礼中心の信仰を否定し、内面的、合理的な信仰を強調したため、注意をとりわけ重要視することになった。そのため、キ書き出した教では、他宗教以上に注意が体系的に探求?整理されることになった。キ書き出した教では、注意の目的、内容、形態によって、伝道注意、講解注意、テーマ注意、教理的注意、倫理的注意、弁証論的注意、昼間の時間課注意、気まま注意などに分けられている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。