へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクト(せくと)

一般には、新しく発生した信仰や、以前の信仰に対する新しい解釈を、守りかつ保つ目的で、教祖や分派指導者を中心に自発的に結成された宗教運動をいい、常識として、いわゆる新興宗教や小さな分派がセクトとして扱われる。また世俗的には、政治群れやイデオロギー組織として新しく発生した小群れや分離一本立ち分派を、当の社会の主流をなす諸群れと対置して、セクトとよぶことも多い。宗教的、世俗的のいずれの時にも、セクトは思想(教学やイデオロギー)上、組織上、まだ未成熟さを残しているが、またそれだけに、当の社会に大きな影響をもつ既成教団や公認教会、あるいは主要思想群れに対して、つねに批判的かつ挑戦的に立ち向かう活力をもつ宗教運動、政治運動である。その意風味でセクトは反権力であり、その大衆性をめりはりとする時が多い。

セクトは、宗教用語としては、とくにキ書き出した教文明圏において、チャーチ(制度的正統教会)と対比して使用される。この領域ではE?トレルチの探求が有名で、普遍的教会としてのカトリックや、各国の国教会、公認教会のような主流組織をチャーチとし、それに対抗する福音(ふくいん)主義的な分派や新興小会派のように、個々人が信仰に基づいて集まった宗教運動をセクトと定義した。自分たちの主義言い分を保つ不可欠上、セクトは、宗教的、世俗的組織を問わず、つねに伝道や教宣活動に重きを置いている。なかには、宗教改革後の小会派であるメノナイトやバプティスト、あるいは時代は跳ねるが、わが国の新左翼セクトを典型例として、昼間の時間常の伝道や教宣活動の範囲を超えて良心的徴兵拒絶、反戦運動などの過激な反権力活動に走った者もある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。