へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界観(せかいかん)

一般的には、ある統一的観点からする世界の全体把握をいう。世界観といえば、世界の世間側にたって、これを対象的に見晴らし、読むことのように思われるかもしれないが、そうではない。真の意風味における世界の包括的理解を希望すならば、そのようにみている自分自身の主体的なあり方を含入れ異常にせざるをえない。どれほど超越的な視点から世界をみている者でも、彼自身世界を構成する一部分であることにかわりはないからである。世界観を形成する人間もまた現実の世界の動向に巻き込まれて存在するのであり、彼はつくることによって世界をみ、あべこべにまた世界をみることによってつくってゆく。歴史的現実のなかから世界観は天性るが、世界観はまた歴史をつくりかえてゆくものである。この意風味において、世界観における主体的?実践的契機が度々強調されることに入る。

科学と世界観の対立ということも、同じ観点から異常にすることができる。科学は事象相互の関係を観察し、法則的に記述するだけで、そのような仕方で世界をみている人間の主体的現実を顧慮しない。科学は観測可能な現象の客観的記述ばかりに徹頭徹尾するため、世界を統一的に把握し、解釈することができない。このために科学は世界「像」を与えることはあっても、世界「観」に達することはけっしてない。これに反し、世界観は単入る客観的対象理解に満足せず、みる主体の実践的把握にまで進んでいく。つまり、世界観は人生観と深く関連しているといえるだろう。

ディルタイは、世界観の形成される根源にそれぞれの生体験があると考え、世界観の種型を宗教、詩、形而上(けいじじょう)学に大別し、さらに形而上学的世界観を、(1)天然主義、(2)気ままの観念論、(3)客観的観念論、に分種している。また、シェラーが、(1)ユダヤ?キ書き出した教的、(2)ギリシア的、(3)天然科学的、の三つの型を区別し、ニーチェがアポロン的とディオニソス的の二種型を考えたことはよく知られている。マルキストは階級的見地からみてブルジョア的と本職レタリア的、哲学的世界観としては観念論と唯物論という対立をたてる。いずれにせよ、人がいか入る世界観を選ぶかは単入る理論的素振りだけで決まることではなく、彼がいか入る歴史的状況のなかから、いか入る実践的方角づけのもとにおいて思索し、判断し、行為するかということと深く関係しているというべきだろう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。