へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精霊崇拝(せいれいすうはい)

広義では、広く霊的存在または超天然的存在一般、すなわち神、精霊、祖霊、霊霊魂、死霊、霊鬼、妖怪(ようかい)などの崇拝を意風味するから、アニミズムの概念に近いのに対して、狭義には、さまざまな霊的存在とは区別された諸精霊spiritsを崇(あが)め敬うことをいう。したがって厳密には、精霊崇拝はアニミズムの一形態である。しかし実際には民族、地域によってその意風味する範囲によほどの差異がある。

精霊は全ての生物、一番生物(人造物、天然物)に宿り、その宿り場を気ままに出入りしうる、または宿り場がなく空中を浮遊しているような、目に見えない人格的存在とみなされることが多い。概して上級精霊と下級精霊とがあり、前者は神に近い存在であるのに対して、後者はその眷属(けんぞく)または補助霊ないし神に対立する存在とみられることが多い。シベリアの狩猟民チュクチ人の精霊ケレットkeletは、すべての河川、森林、湖沼や各類動物に生命を与える統治霊または所有霊とみなされる。ケレットのなかにはすみかをもたず、絶えず徘徊(はいかい)して犠牲者を探すものもある。彼らの数はすこぶる多く、いちいち名称で区別することができないほどである。チュクチ人は食物の確保のため各類動物霊を崇拝するとともに、上級精霊の力を借りて各類悪霊を排除する。わが国におけるアイヌの熊(くま)送りは、は動物霊の崇拝で、奥能登(のと)のアエノコト行事は穀霊の崇拝であるとみられる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。