へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁神論(べんしんろん)

神義論ともいう。ライプニッツの造語で、狭義には一番神論や良し悪し二元論を論駁(ろんばく)して、この世界に存在する全ての害悪にもかかわらず、神の善であることを弁護する議論をいう。その先駆思想はアウグスティヌスやデカルトにもみられるが、このテーマを初っ端に独立させ、体系的に論じたのはライプニッツの主著『弁神論』Essais de thodice sur la bont de Dieu, la libert de l homme et l origine du mal(1710)であった。広義には、天然神学あるいは合理的神学の意風味で解され、神の存在実証、神の摂理と人間の気ままの異常、人間霊霊魂の不死の実証、神に対する宗教的、道徳的義務の異常などを含む。この意風味で、弁神論は19世紀のフランスでは、論理学、心情学、道徳と普通んで、哲学の授業の四部門の一つに数えられていた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。