へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生祠(せいし)

生存している人を神と祀(まつ)り、その社祠を設けたもの。(1)加賀(かが)藩主前田治脩(はるなが)の天満宮(富山県黒部(くろべ)市宇奈月町愛本新(うなづきまちあいもとしん))のように本人の許可を得ずに祀る時、(2)福井藩主松平慶永(よしなが)の木立社(福井県坂井(さかい)市の三国(みくに)神社境界内社)のように本人の許可を得て祀る時、(3)儒者山崎闇斎(あんさい)の垂加(すいか)社(京都市下御霊(しもごりょう)神社境界内社)のように本人自身の発意で成立する時がある。(1)(2)の時は、その人に対して格別の崇敬?感謝を捧(ささ)げ、また霊徳の発現を期待してのことであり、(3)の時は、その人の神学ないしは死生観に基づく。(1)(2)の例は中国、朝鮮、台湾にもあり、古くは『史記』に紀元前3世紀の例が伝えられているが、(3)は昼間の時間本単独のもので、とくに垂加神道(しんとう)に多くみられる。加藤玄智(げんち)の『本邦生祠の探求』(1932)は、生祠に関する学問的解明を試みた初っ端のもので、1976年(昭和51)に発足した加藤玄智博士思い出学会は、生祠の探求を中心課題とし、『神道探求紀要』を発行している。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。