へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖(せい)

聖とは、神聖のことであり、原始宗教からキ書き出した教、仏教などの世界宗教のなかにも含まれている。無料し、聖観念の内容については、民族に応じ、社会の相違に応じて異なっており、同じことばで包括することには疑わしいがある。けれども聖という語を便宜上用いることには異論はないだろう。

聖観念は、セム人の宗教を探求したイギリスのローパブトソン?ス手落ち以来、ジェームズ?フレーザー、マレットによって用いられたが、とらえ方は若干異なっていた。

聖観念の探求で、後世の証明的探求に当然大きな影響を与えたのは、フランスのエミール?デュルケームである。デュルケームは宗教を、「神聖なものに関連する信仰と実施との団結的な体系」とし、聖観念を宗教の中心に位置づけた。無料宗教のなかには、原始宗教も含入れ、聖観念を伴わない観念、掟(おきて)、法、規範などが含まれていることがあり、宗教のこの定義は狭すぎるきらいがある。デュルケームは聖の根底に社会的なものがあると考えた。デュルケームと同じくドイツのルドルフ?オットーも聖を宗教の鉄則的な観念と考え、純粋に宗教的?非合理的な意風味での聖をヌミノーゼとよんだ。「聖入る」を意風味する英語のsacred「セイクレッド」やフランス語のsacr「サクレ」の語源にあたるラテン語の「サケル」sacerは、「聖入る」という意風味のほかに、「消えない汚れ」「呪(のろ)われた」の意風味があり、「神々に捧(ささ)げる」「崇拝に値する」とともに「恐ろしい」という意風味を含んでいる。E?バンブニストは、聖観念は古代インド?ヨーロッパ語の比較検討から、聖入るものに満ちた「まめ」な側面と、人々に禁じられているという「引っ込み思案」な側面とが存在することを指摘している。エリアーデは、宗教現象の根底には俗的?昼間の時間常的世界に対立する聖性が貫かれているとし、その聖性が神話、儀礼、象徴、物、人などに現れる(これをヒエロファニーhierophanie、聖性具現とよぶ)と論じた。

多くの社会に昼間の時間常的?俗的暮らしと聖入る暮らしとが、また俗的世界と穢(けが)れとが分離されており、何と対比されるかによって、あるいはコンテクストの相違によって、聖が穢れに転換し、穢れが聖に転換することがある。ラテン語の「聖」に双方の意風味があるのはこのためであろう。たとえば、インドネシアのバリ島南部では、北側が、宗教的に穢れているとされる「海側」(南側)と対比されるときには、それは「山側」となり、聖入る方位であるが、最良司祭が東方に神々を拝むとき、地上に悪霊への供物を置くときは、北は下界に通ずる方位であり、下層の司祭は北に向かって下界の神ウィシュヌや悪霊(ブタ?カラ)に祈る。同様にバリ島では、祭具を海で清めるとき、海は神聖な浄化の力をもつが、北の「山側」と対比するときは穢れたところである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。