へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水晶呪術(すいしょううらない)

水晶を凝視してそこに浮かぶ陰影によって物事を占うこと。ヨーロッパ諸国では古来より行われていた占法(せんぽう)の一つである。クリスタル?ゲージングcrystal gazingといって、水晶の珠(たま)を卓上に置き、それをポスト(いす)に座した人が凝視する。水呪術という水面を見つ入れ占うのと同様な占法である。昼間の時間本では水呪術は巫女(みこ)がこれを行っていたが、水晶呪術については紛れもないな実例に少ない。『昼間の時間本書紀』仲哀(ちゅうあい)記に神功(じんぐう)皇后が長門(ながと)(山口県)の豊浦(とゆら)の津で如意珠(にょいのたま)を海中よりとられたことが記してあるのは、皇后が水晶呪術をされたのではないか、との説もある。この珠は剣珠(つるぎのたま)と称せられて、摂津(大阪府)の広田神社の末社南宮(なんぐう)神社の神体として奉祀(ほうし)されているという。

水晶呪術は水呪術と原理は同じで、艶のある物気品を凝視していると、一類の暗示作用で、いろいろな陰影が現れるので、それによって吉凶その他の事柄を決断するものである。これは個人の資質や体質によってその才能が相違、両眼の間の広い人にはこの才能があるといわれている。また水晶呪術をする室内の照明は、暗くてはいけないが、あまり明るすぎてもいけないという。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。