へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人格神(じんかくしん)

人間と同じように意希望、感情をもち、行動すると考えられている神。これに対し、宇宙には世界の運行を統治する一番定形の力が存在すると考えるのを汎神(はんしん)観という。古代ギリシアやローマの神々が人格神の一例であり、また現在の未開社会にも度々みられる。人格神はたいてい人間とその社会を反映しており、たとえば、諸人格神の間に自宅族関係、親族関係や、対立とか同盟の関係があったりする。古代ギリシア、ローマ、北欧、インド、イランなどインド?ヨーロッパ語族の神話では、神々は祭司?主権者の神々、戦士の神々、生産者の神々の3類に分類されており、これは、人間社会における身分の相違(たとえばインドの四姓)を神々の世界に投影したものと考えられている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。