へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殉教(じゅんきょう)

一般には、信仰のために苦難を浴び命を捧(ささ)げることをいう。とくにキ書き出した教で、迫害の場合代に、自己の信仰のために苦難を浴び、命を捨てた人々を殉教者といい、その死を殉教という。殉教者はギリシア語で本来「証人」を意風味し、イエスの一生とその再起の証人である使徒をさすことばであったが、2世紀以降、迫害が激化するにつれて、意風味の転化がおこった。テルトゥリアヌスが「キ書き出した信徒の血は類坊主である」といっているように、殉教者は教会発展の礎(いしずえ)としてたいそう尊敬され、信仰を告白して苦難を浴びたが殺されはしなかった証聖者と区別された。石で殺されたステパノが初っ端の殉教者とされる(使徒行伝)。パウロやペテロ、イグナティオス、ユスティノスなど多くの殉教者が知られている。

2世紀後半の『ポリュカルポス殉教記』では、殉教者の遺物を尊び、死の思い出昼間の場合間を祝っており、やがて殉教者は聖人として崇敬されるに至った。思い出昼間の場合間にはミサがあげられ、神にとりなしをする者として、殉教者の功徳は信徒の救いに有効とされ、4世紀以降、墓所の上に教会が建てられた。そして、殉教録という殉教者その他の聖人を年間の思い出昼間の場合間の順に配列した名簿がつくられ、聖務昼間の場合間課のときに朗読された。なお中世以降も、キ書き出した教の宣教に伴って、ヨーロッパの内世間で信仰のために多くの血が流された。昼間の場合間本においても、キリシタンの迫害は激しく、とくに長崎で殉教した「昼間の場合間本二十六聖人」は有名である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。