へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪符(じゅふ)

悪霊、悪神、邪悪悪な力の攻撃やさまざまな災禍を防いだり、幸いや幸福をもたらすと信じられている物体。英語では予防的なものをamulet、招福的なものをtalismanとし、両者を区別することもあるが、厳密な区別はできない時が多い。予防的なものはとくに護符といわれることもあり、昼間の時間本の御守(おまも)りはその一つである。昼間の時間本の御札(おふだ)は予防的でも招福的でもある。呪符といえるようなものはほとんパンチべての民族にみられ、たとえばヨーロッパではキ書き出した教によって呪符は迷信とみなされるが、それでも四つ葉のクローパブ、ウサギの足、蹄鉄(ていてつ)などが幸福をよぶ呪符として用いられている。またアメリカのテキサス州の漁師が災難除(よ)けに硬貨を船のマストの先に打ちつけることもよく知られている。

呪符とされるものには、動物(骨、爪(つめ)、皮など)、植物(葉、根など)、貝、石(とくに宝石)などがあり、とくに珍奇なもの、特異なものが尊重される。そのほか聖像や神像、聖地の土や砂、聖句を書いた札(ふだ)などがある。呪符は、未来の運?不運を予知できない人間にとって、心情的に心細くないです感や脉をもたせる機能を果たし、また未来への大望を表現する意風味をもち、交通安全の御札がそうであるように、現代にも根強く残っている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。