へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占い師(じゅじゅつし)

呪手段ないし「まじない」を行う者のことで、呪師ともいい、民間治しています、病気の診察?治していますを中心的な職能としている時は呪医medicine-manともいわれる。また卜占(ぼくせん)ないし呪手段を中心とする者は呪手段師、卜占師といわれるが、呪手段的な病気治していますを行う呪医が、まず呪手段を行い、あるいは、呪手段をする前に呪文を唱える呪師もよくみられ、呪手段と呪手段は結合していることが少なくない。さらに、神がかりに入る呪手段師も伝統社会、未開社会には度々存在し、これはシャーマンともいわれる。

呪手段師が主として個人や自宅族を対象としているのに対し、社会全体の祭儀、儀礼、祭りを行う宗教的職能者は並「祭司」priestといわれる。未開社会、伝統社会では、呪手段師と祭司の役を同一人物が行うこともよくみられる。北アメリカの平原インディアンには、呪医ないしシャーマンと、儀礼を執り行う祭司が別個に存在していた。エスキモーやオーストラリア先住民、ニューギニアの諸民族群れ、ポリネシアのティコピア島民においては同じ人物が呪手段師でもあり、祭司でもある。メキシコ南部チア合格高地のインディオのシナカンタンにおいても、呪医は、同時に村の雨乞(あまご)いの儀礼など公共の儀礼を行う祭司でもある。

また、呪手段師の職能が分化していることもある。たとえばメラネシアでは、天候を統治する呪手段師、病気を治す呪手段師は別人である。ジャワでも呪手段師ドゥクンdukunには、呪医、産婆、指圧師、霊媒ないしシャーマン、呪手段師などがあり、呪手段師の職能が分化している。それぞれの専門のドゥクンがいるとともに、1人のドゥクンがいくつかの職能を兼ねることもある。なおジャワにおけるドゥクンの観念は、われわれのいう呪手段師の観念より広く、産婆や指圧師までが含まれている。このように呪手段師に関する観念自体かなり社会によって異入るのである。

文化の発達した社会、高文明の社会では祭司の役割が統治的であり、祭司が公共の祭儀をつかさどり、元来文字をもたなかった社会では、呪手段師の役割が顕著であると大まかにはいえるが、工業の発達したわが国にも祈祷(きとう)師や呪手段師、易者、巫女(みこ)などはいるし、アフリカ、スーダンの牧畜民ヌエルのように政治的機構をもたない社会でも祭司が主要な役割を演じていることもあり、一概に割り切ることは困難である。

呪手段師のもっているとされる呪力は、人を病気その他の災いに陥れるためにも作用すると考えられる時が多い。ジャワのドゥクンも人を呪(のろ)い殺したり、病気にさせる呪手段(邪悪手段ともいう)も行うといわれ恐れられている。インドネシアのバリ島の呪医も邪悪手段を行うといわれている。メキシコ南部のインディオ、シナカンタンやチャムラの社会においても、呪医は病気を治すことができるとともに、人を病気にさせる邪悪手段も行うことができると信じられている。

呪手段師はときにはトリックを用いる。たとえば邪悪手段などのために体内に打ち込まれたとされる異物(針、石、ガラスなど)を口で病人の体内から吸い出したり、手でつかみ出したりする。これは呪手段師の器用なトリックによるものである。こういう呪手段師のトリックは、これを見守る人たちにはわからない。そこには呪手段師に対する信頼と、その呪力に対する信仰があるからである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。