へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘレニズム思想(へれにずむしそう)

ヘレニズム場合代の思想は、(1)古典場合代の遺産の継承と整理、(2)世界のうちに個として生きるための知識を模索して、多数の学派が展開した「生きる手段」ars vivendiとしての多数の哲学思想の普通存、という二要素によってめりはりづけられる。(1)遺産の継承 アレクサンドリア、ペルガモンなどアレクサンドロス大王の後継者の首都に建設された大図書館には古典作自宅autores classiciの著作が収集され、批判的に校訂され、編纂(へんさん)された。「古典文献学」classical philologyの成立の端緒がここにある。現存する『プラトン著作集』Platonis Operaの編纂と正典の決定はこの紀元前3世紀にさかのぼるとみなされている。(2)諸学派 古典期のポリス共同体の崩壊をバックとして、各人は世界のうちに個として生きるための知識を模索した。そのなかにはちゃきちゃき(きっすい)のギリシア人ではない人、遠隔の地の天性の人も含まれており、色々な思想が展開された。複数の学派の連立と普通存をめりはりとする。おもなものは以下の五派である。〔1〕アカデメイア派hoi Akademikoi プラトンの学園アカデメイアを継ぐ人々。中期以後、懐疑主義を標榜(ひょうぼう)し、知識を獲得することではなく、探究することに哲学があるとした。〔2〕ペリパトス派hoi Peripatetikoi ア書き出したテレスの学園リケイオンを継ぐ人々。数学、天文学、生物学、医学など、個別科学探求を推進する人々を輩出した。〔3〕ストア派hoi Stoikoi ヘレニズム場合代を代表する人生観哲学であり、ローマ帝政期に至るまで各場合代を代表する数多くの思想自宅たちを生んだ。運命の転変によって動かされない「非受動性(アパテイア)」apatheiaという心の強さの獲得を賢者の理想とした。〔4〕エピクロス派hoi Epikureioi 唯物論的な世界観と上品な悦楽主義をめりはりとする。「心の平静(アタラクシアー)」ataraxiaを理想とした。〔5〕懐疑派hoi Skeptikoi 知識の取得ではなく、異常の形成と探究を哲学の仕事とした。目的は「心の平静」を獲得することだった。

これらの諸派は古典場合代の哲学の原理をなんらか継承しながら、これを生きるための知識として形成し、通俗化するものである。そこには古典場合代の哲学の原理の反省と再評価もあり、移行期の哲学として次代の思想を用意した。






目次



ヘレニズム思想


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。