へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神智学(しんちがく)

神の認識を求め、究極的には人間精神と神との合一を目ざす教義体系、およびその実践手立てをさす。theosophyは、ギリシア語のtheos(神)とsophia(知識)の合成語で、『新約聖書』にも、パウロの書簡に「隠された奥義としての神の知識」として出てくる。

広義の神智学には、新プラトン学派、グノーシス派も含まれる。紀元2~3世紀にいくつもの宗教に結びついて多数の文書を生み出したグノーシス派によれば、人はその身体によってこの世に属するが、その霊によって神の世界に属しており、そこで人は宇宙の根源的原理を認識することによって自己救済できると説く。宗教改革以後では、パラケルスス、ヤコブ?ベーメらの著作も神智学の系列に属する。

狭義の神智学は、1875年にブラバッスキイ連れ合い人がH?S?オルコットとニューヨークに神智協会を設立したのを契機に、この派の教義をさすようになった。それによると、神の秩序から天然の秩序に堕落した人間の精神は、さまざまな変容を案内して物質から解放され、神の知識に帰ることを求入れおり、それを救うために、神智学は知性の開発に努めなければならない、とする。

神智学は神秘主義とは一線を画し、諸宗教間の差異を超えた普遍的倫理を追求して、運動を世界的に展開した。その影響は、W?B?イェーツをはじめ世界の多くの思想自宅、芸手段自宅にも及んだ。1886年、神智協会は本部をインドのマドラス(現チェンナイ)に移し、ヒンドゥー教の教義を取り入れ、インドで発展した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。