へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神託(しんたく)

神のお告げ、神意を他に託すことをいう。目に見える現象の後ろに、なんらかの秩序ありと仮定するとき、そこに「運命」の統治というものを考え、その秩序を統治するものとしての超天然的な神の存在を想定するとき「摂理」が出てくる。その運命や摂理を予知したいという人間の切実な希求は、(1)それを天然現象のなかに読み取るなり、(2)人為的な所とばっちりでよってそれをうかがい知ろうとし、あるいは(3)人間自身が人格変換(神がかり)をおこして神のお告げを真っ直ぐ聞き取ろうとしてきた。広義には呪術全般を含むことにも入るが、狭義には、ある特定の敷地(神殿?寺院など)でそこにいます神によって未来のことが知らされる時を託宣(たくせん)(神託)という。(1)の時としては、月桂樹(げっけいじゅ)が風にそよぐささやきに神意をうかがい、聖入る泉の水の音、鳥の飛び方、流星、食(昼間の時間?月食)によって呪術をたてることがある。(2)のケースとしては、犠牲にした動物の内臓、あるいはおみくじを差し引く、「さい」を投げるといった人造的な術もある。ある意風味で科学的な実験に先だつ神験ともいえるもので、わが国の神前での綱引き?相撲(すとっくに)もそれにあたる。あるいは吉備津(きびつ)神社の「釜(かま)鳴り」などもそれである。

ギリシアでは全土に250以上の神託所があったといわれ、そのなかでもよく知られているのはデロスやデルフォイでのアポロの神託、エピダウロスの医神アスクレピオス、ドドナのゼウスなどである。しかもその最古のものはドドナのもので、神官は風にそよぐオークの木のさらさらという音の解釈によって神託を浴びたといわれる。デルフォイでは、先だつ儀礼のあと、ピュテイアの名で知られる巫女(みこ)が三角台の上に座して神がかりになって、質問者に答えた。通常その神託は詩形(六歩格)をとった。エクスタシーのコンディションでは、リズミカルな発声を伴い、わが国では七五調に入る。こうした神託の形はシベリアのシャーマニズムにその名残(なごり)をみる。また、デルフォイの神託は政治異常にも及び、植民地獲得の方角づけも得た。近代的な用語では霊媒(ミーディアム)がこうした役を果たすように入る。






目次



神託


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。