へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神政政治(しんせいせいじ)

「神の統治(セオクラシー)」が原語の意風味であり、「民の統治(デモクラシー)」などと同じく統治の形態およびめりはりを表す。このことばを初っ端に用いたのは、ユダヤの歴史自宅ヨセフスであるといわれ、彼はこれによって、『旧約聖書』にみられるような、政治的統治および権威の源泉を神に在(あ)るとするイスラエルの特殊な政治形態をさした。古代では暮らしの全ての分野が神の意思や神との契約によって律されるべきものとされたので、政治もその例世間ではなかった。したがって神政政治では、神の意思を正しく浴びかつこれを伝言するものはだれか、が決定的異常と入る。それは、神によってたてられたカリスマ的指導者である預言者、僧侶(そうりょ)、王などであり、神の意思を第一とする限り、神政政治は「僧侶政治(ヒエロクラシー)」や「王政」の形をとることもある。神政政治の王が近代の「神授権説」の王と異入るのは、神の意思に背く時、預言者によって批判され廃位されることである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。