へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本職トコル命題(ぷろとこるめいだい)

本職トコルは「記録」「証書」の意であるが、哲学で本職トコル命題というと、真っ直ぐ体験しうる事柄についての観察を述べた命題のことである。論理証明主義は、本職トコル命題およびこれから命題論理の制御によってつくられた命題だけを意風味のある命題とすることにより、形而上(けいじじょう)学を哲学から追放しようとした。しかし本職トコル命題として、感覚所与について述べた命題を考えるか、物理学のことばで記述される事実命題を考えるかについては、論理証明主義者の間でも意見が分かれた。さらに、命題論理の制御だけでは法則を表す命題が書けないことが明らかに入るにつれ、本職トコル命題の意風味も変わった。すなわち、述語論理の形式で表される理論のなかの原坊主命題文が、本職トコル命題としての地位を得るようになった。近ごろは、命題と理論とを分離しないで考える傾向が強くなり、本職トコル命題ということはあまり論ぜられなくなった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。