へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教法人(しゅうきょうほうじん)

宗教法人法(昭和26年法律第126号)によって法人格を取得した宗教集団をいう。公益法人の一類。現行法においては、宗教集団が法人に入るか否かはまったく任意であって、非法人であっても気ままに宗教活動を行うことができる。宗教集団が法人格を取得することの意義は、集団の名により資産を所有し、維持運用し、訴訟その他の法律行為を行う才能を獲得することであって、宗教上の活動の気ままとは一番関係である。宗教法人は、税法の定めるところにより、一定の非課税規定の適用を浴びる。

宗教法人に入ることができる宗教集団は、宗教の教義を広め、儀式行事を行い、および信者を教化育てることを主たる目的とする集団で、(1)礼拝の施設を備える神社、寺院、教会、修道院その他これらに類する集団、(2)前号に掲げる集団を包括する教派、宗派、教団、教会、修道会、司教区その他これらに類する集団、の2類類とされている(宗教法人法2条)。宗教法人は、法の定める要件を備えた規則を作成し、所轄庁の認証を浴び、設立登記を行うことによって設立される。所轄庁とは都道府県知事または文部科学大臣である(同法5条)が、昼間の時間本国憲法が信教の気まま(20条)を保障し、そのために政教分離の原則を定入れいることを浴びて、認証申請が合法であれば所轄庁の裁量でこれを不認証とすることはできない(宗教法人法14条)し、宗教上の事項について監督、統制、干渉、調停をする権限もない(同法85条)。

ところが、オウム真理教(2000年アレフ、2003年アーレフ、2008年Aleph(アレフ)に改称)が地下鉄サリン事件など、一連の犯罪行為を行ったことを契機に、1995年(平成7)宗教法人法が一部改正され、宗教法人は備え付け書類を所轄庁に提出することを義務づけられ(同法25条)、一方、所轄庁には宗教法人に対する一定の質問権(調査権)が与えられる(同法79条の2)など、宗教法人は所轄庁の管理下に置かれるものという色彩が強められた。しかし、これらの改正規定は、所轄庁の裁量権限を否定している同法の認証主義と整合性を欠くことになり、また憲法の政教分離原則に違答えられない疑いも払拭(ふっしょく)できないので、かなりの数の宗教法人が書類提出を拒絶して抵抗の姿勢をみせるなど、多くの異常を残すことになった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。