へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教都市(しゅうきょうとし)

大きな寺社?教会などの有力な宗教施設を核として成立している都市。古代、中世起立の政治都市には宗教面を複合するものが多く、昼間の時間本の奈良(平城京)、京都(平安京)、鎌倉、平泉(ひらいずみ)、中国の西安、洛陽(らくよう)、西アジアのエルサレム、メッカ、ヨーロッパのアテネ、バチカン(ローマ)、カンタベリーなどがその好例である。また、昼間の時間本の高野(こうや)、身延(みのぶ)、長野、成田などの門前町や、伊勢(いせ)、出雲(いずも)、琴平(ことひら)、天理などの鳥居前町のように近世以後にとくに栄えてきたものもある。これらには、祭礼、法要、集会などに集まる参拝者、信者向こうの茶屋、旅行館、商店などが会合、近年は宝物館(博物館)、文庫(図書館)、また学校(中?高校や大学)、運動場、病院などの宗門経営の教育、文化、スポーツ、厚生などの諸施設が整備されるものもみられる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。