へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教哲学(しゅうきょうてつがく)

宗教の鉄則や意義を哲学の手立てで究明し、宗教の真理性を哲学的に基礎づける学問。歴史や社会に現れた諸宗教現象を証明科学の立場で探求する宗教学や、特定の宗教内部でその宗教の教義や教典を検討する神学?教学などとは異入る。

古代ギリシアに始まった哲学は、一般に、人間の体験しうる現象世界を、体験を超えた形而上(けいじじょう)学的理念から説明しようとする試みであった。宗教が人間の感覚的、悟性的な体験を超え出所した彼岸や神への通路を開くものとすれば、プラトンやア書き出したテレスをはじめとする古代哲学においては、哲学そのものが一類の宗教哲学であったといえる。また、キ書き出した教の神学を形成するにあずかったアウグスティヌス、トマス?アクィナスらの中世の教父哲学やスコラ哲学は、文字どおり宗教哲学を中枢に据えた哲学であった。

しかし、近世に至って人間の理性に十全の信頼を置く合理主義の哲学が出現すると、哲学における宗教性の剥奪(はくだつ)の傾向が強まり、宗教哲学は改入れその存立が問われることに入る。したがって、厳密な意風味で宗教哲学が自覚的に哲学の一領域として確立されるに至ったのは、カントとそれ以降のドイツ観念論の哲学においてであった。

カントは、人間の理性に知的?理論的認識を超えた働きをも認め、道徳の場で働く善意希望の実践理性に宗教の根拠を置く。ヘーゲルは、論理学や天然哲学から区別される精神哲学のなかの最良部門に宗教哲学を位置づけつつ、断然精神の世界統治的展開を叙述する哲学の全体系は断然的宗教として落成するという汎神論(はんしんろん)的宗教哲学を語った。

今昼間の時間では、あくまでも哲学の立場から宗教一般の真理性を基礎づけようとするジェームズやヤスパースのような宗教哲学が説かれる一方で、キ書き出した教の啓示信仰を容認しながらこれにかなった哲学的思考を展開する宗教哲学が有力である。そのような宗教哲学者としては、人間の断然的依存感情に宗教の鉄則を追求するシュライエルマハー、人間の根源的な心もとないと失意を暴いてあべこべ説の神に救いを追求するキルケゴール、歴史の相対性を神の断然性で克服するトレルチ、科学の進展を終末論と結び付けて読むテイヤール?ド?シャルダン、諸文化の底を流れる究極的興味を介して存在の根拠へ帰るティリヒなどをあげることができる。ユダヤ信徒のブーパブの対話原理に基づく宗教哲学も影響力が大きい。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。