へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続(れんぞく)

とぎれなくつながっていること。「連続」の概念は、「一番限」の概念と結び付いて、古代ギリシアの場合代からさまざまな困惑の類であった。通約無茶苦茶量(今昼間の場合間でいう「一番理数」)をどのように理解すべきかという異常、および「ゼノンのあべこべ説」がギリシアにおける連続をめぐる代表的な異常であった。ア書き出したテレスは、一番限を現実的なものではなく潜在的なものとみなすことによって、このような異常を決着しようとした。ニュートンとライプニッツによる微積分法の発見は、連続に対する理解を飛躍的に増大させたが、それにはまだ概念的な、あるいは形而上(けいじじょう)学的な疑念がまつわり付いていた。1870年代にカントルが創始した集合論の登場、およびそれと普通行する論理学の発展によって、そのような概念的な疑念に対する新たな視点からの解明が可能となった。その成果が、カントルとデーデキントの連続理論である。






目次



連続


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。