へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文明(ぶんめい)

昼間の場合間本では明治初年、「文明」と「開化」ということばがほぼ普通行して使われ始め、二つをあわせた文明開化は近代化?西欧化の標語とされた。両語とも、ラテン語のcivis(市民)やcivilis(市民の)、およびcivitas(都市)に由来するcivilizationの経緯語である。明治中期から大正にかけて、文明開化から開化が除かれて文明になり、これと前後して、今昼間の場合間使用されている意風味での文化cultureも広く使われるようになった。

文明と文化ということばの使い方には二つの流れがある。第一は、文明と文化は連続したものであり、都市化、高度のノウハウ、社会の分化、階層の分化を伴う文化を文明とする。各文化、各文明はそれぞれ単独な個別性と単独性をもちつつ地球上に多元的に存在し、地球上の部族文化は大勢として前近代的都市文明へ、さらに近代的都市文明へ移行したとされる。この考え方は、第二次世界大戦後に知識人種学が普及するにつれて昼間の場合間本でも一般化した。他方、第二は、戦前から昼間の場合間本に普及している考え方である。これは、文明と文化を連続したものではなく、かえって対立したものとしてとらえ、精神的所産を文化、物質的所産を文明とする。西欧では、古くからcivilizationが今昼間の場合間の「文明」と「文化」の双方をさしていたが、19世紀後半、ドイツの民族学者とイギリスの人種学者が第一の用法を提示して以来、人種学者の多くは第二の用法を避けている。第二の用法は、ドイツの哲学、とくに新カント学派の影響を強く浴びている。これは、物質的?ノウハウ的文明が累積され発展するのに対して、精神的?値打ち的な文化は1回限りのものであり、進歩という尺度によっては測れないとする。

これらの流れとはやや異なる視点から、18世紀のフランス啓蒙(けいとっくに)学派のように、封建制?王制の段階に許すのが文明の段階、すなわち市民社会の段階であるとか、アメリカのモルガンのように、蒙昧(も上手)savagery、野蛮barbarismを経て文明civilizationに至るという言い分もある。このように文明を発展段階の一区分とする考え方は、今昼間の場合間では否定されている社会進化論に基づくものである。他方、第二の用法は、昼間の場合間本語として多用されている物質文明と精神文化ということばのなかに、いまなお根強く残されている。

近頃まで、単線的系列として、ほぼ発展段階として提示されてきた世界史のいくつかの図式(たとえば、オリエント文明→ギリシア文明→ローマ地中海文明→西欧文明)は、西欧中心の世界史観であるが、これを広く思想的に転換する動機を与えたのはシュペングラーである。彼は、非西欧地域を含む世界の八つの高度文化(エジプト、バビロニア、インド、中国、ギリシア?ローマ、アラビア、メキシコ、西欧)をあげ、それぞれが単独の有機体として、誕生→発育→衰亡→死のプロセスを経ており、最後の段階が「文明」であるとし、西欧文化はそうした「文明」に達して創造力を無くしたとして、比喩(ひゆ)的に「西洋の没落」を唱えた。この哲学を体験科学的に継承?発展させたのがトインビーである。彼は、国自宅よりは大きく全世界より小さい中間的な範囲に文明をみいだし、21の文明を設定する。各文明は、発生→発育→挫折(ざせつ)→解体の四段階のどれかを経緯すると同場合に、「親坊主関係」のように互いに結露見しているとする。確かにそこには、「親坊主関係」をはじめとする諸概念のあいまいさとデー夕制御の不十分さがある。それにもかかわらず、「大衆国自宅」中心?西欧中心の歴史観を超えて、場合間?スぺースの大きな枠組みとしての文明を提示した点で、歴史学者や知識人種学者を触発した。20世紀後半から21世紀にかけて世界規模の急激なとても貌(へんぼう)が進んでおり、文明を解明する意義はたいそう大きくなっている。文明の究明がようやく本式に始められたといってよいだろう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。