へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教地理学(しゅうきょうちりがく)

宗教的原則から地上のスぺース秩序を考えた宗教教理上の地理学religious geographyや、伝道活動のデー夕である宗教分布図などを媒体として、歴史的に発展してきた新しい学問領域である。宗教とそれが行われている余地(天然的?社会的環境界)との相互関係、宗教体系どうしのスぺース的な相互関係を調査しデー夕化し、理論構成を計るのが、今昼間の時間の宗教地理学の目的であるが、これまでの成果を主要な探求課題にまとめると、次のように整理することができよう。

(1)宗教に影響を与えたエコロジカル(生態学的)な環境界 ユダヤ教にみられる牧畜および農耕に関連した祭式、牧畜?狩猟と一神教、農耕と多神教との関係性を論じた探求など、多くの探求業績がみられる。

(2)余地造りにおける宗教の影響 食物タブーに基づく動植物の集散状況、宗教に由来する余地の呼称、宗教的建造物(ピラミッド、教会)、宗教的造地などが異常に没収される。

(3)宗教と経済活動 教義に基づく職業規制のジャイナ信徒、儀礼用ワインの産業化、経済活動を拠り所る宗教倫理の探求。

(4)宗教分布 数量的な探求にとどまらず、宗教体系相互間の関係も扱われ、それらの平和的共存?競争関係、排斥関係に分けて考える。

(5)暮らし様式における宗教的要素 住居、食物、衣服、暮らし慣習における宗教的要素をみる。

(6)宗教組織と政治組織 国自宅と宗教群れ、宗教群れと政党、宗教と政治の関係分離を主題にする。

なお、(3)と(6)は宗教社会学との関連が深い探求範囲であって、相互に影響を与え合って、探求が進みつつある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。